シェア

創業99年の老舗人形店が「初音ミク」の雛人形を本気で作ってみた

初音ミク雛 出典元:真多呂人形プレスリリース

初音ミク雛 出典元:真多呂人形プレスリリース

2018年に創業99年を迎えた東京都台東区の「真多呂人形」が、人気キャラクター「初音ミク」の雛人形を制作した。

非売品で、3月9日までショールームの真多呂人形会館(台東区上野5-15-13)で展示する。

伝統工芸とポップカルチャーの融合

真多呂人形は1919(大正8)年創業。約270年の歴史がある、木彫りの像の溝に布を埋め込んで衣装を着せる「木目込(きめこ)み人形」の技術を現代に受け継ぐ。

「初音ミク雛」は日本の伝統文化を知ってもらおうと、3月3日のひな祭りと3月9日の「ミクの日」にあわせて制作した。

初音ミクを生んだクリプトン・フューチャー・メディア社と熟練の職人たちが協力し、伝統工芸とポップカルチャーが融合した躍動感ある作品を目指したという。

初音ミク雛 出典元:真多呂人形プレスリリース

初音ミク雛 出典元:真多呂人形プレスリリース

まずは3分間見つめて

企画当初は頭部のみをフィギュア素材にすることも検討したが、木目込み人形の伝統的な意匠を生かすことに。髪形や十二単の色合わせにより、ミクらしさを演出する。

もともと、雛人形は男雛と一対で女児の幸せな結婚を願う意味もあるが、初音ミク雛はあえてペアを作らないことで、「幸福の価値観」が多様化した現代に自立した女性が夢を叶える姿も表したそうだ。

初音ミク雛 出典元:真多呂人形プレスリリース

初音ミク雛 出典元:真多呂人形プレスリリース

真多呂人形は発表で、「まずは、3分間見つめてください。長い時間をかけて研究・洗練されてきた伝統工芸品の表情には、眺めれば眺めるほど引きこまれる、不思議な趣深さがあることに気づくはずです」と呼び掛けている。

初音ミク雛 出典元:真多呂人形プレスリリース

初音ミク雛 出典元:真多呂人形プレスリリース

Posted: |Updated:

Text by 漆舘たくみ

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング