シェア

子供の「なぜ勉強するの?」に羽生善治はどう答える?ポプラ社の子供向け道徳本が面白そう

出典元「答えのない問題 どう解く?」プレスリリ―ス

出典元「答えのない問題 どう解く?」プレスリリ―ス

4月から小学校の道徳の授業が、新たに話し合いを中心とした「特別の授業」として実施される。

それに向けて、ポプラ社が3月23日(金)に子供向け道徳本「答えのない道徳の問題 どう解く?」を発売する。

出典元「答えのない問題 どう解く?」プレスリリ―ス

出典元「答えのない道徳の問題 どう解く?」プレスリリ―ス

答えのない問題に各界著名人が回答

同書はタイトルの通り、「せいぎ」「うそ」「せんそう」「ともだち」といった13個の“答えのない問題”に、各界の著名人が自分なりの回答を寄せる。

「べんきょう」については、先日、国民栄誉賞を受賞した永世七冠の棋士・羽生善治氏が回答。羽生氏の回答は、発売前日の3月22日(木)まで公式サイトで期間限定で公開している。

出典元「答えのない問題 どう解く?」プレスリリ―ス

出典元「答えのない道徳の問題 どう解く?」プレスリリ―ス

▼回答者一覧(順不同、敬称略)

「たべもの」について:平松洋子(エッセイスト)
「うそ」について:谷川俊太郎(詩人)
「びょうどう」について:那須正幹(児童文学作家)
「ゆめ」について:水谷 隼(卓球選手)
「せいぎ」について:増田ユリヤ(ジャーナリスト)
「いのち」について:板東 元(旭山動物園園長・獣医師)
「かぞく」について:汐見稔幸(教育学者)
「せんそう」について:池上 彰(ジャーナリスト)
「べんきょう」について:羽生善治(棋士)
「らしさ」について:ミッツ・マングローブ(歌手・タレント)
「いじめ」について:大野更紗(作家)
「すき」について:能町みね子(エッセイスト・イラストレーター)
「ともだち」について:尾木直樹(教育評論家)

自分なりの答えをつくる時間を

同書では、普遍的な問題を簡単な絵と言葉の組み合わせで子供にも分かりやすく問いかける。

著名人の回答を始めとした「考えるためのヒント」と組み合わせることで、子供の本音を引き出す会話が生まれやすいよう工夫している。

巻末には書き込み式のワークシート(公式サイトでもダウンロード可)が付いており、対話の記録を残せるようにしている。

 

出典元「答えのない問題 どう解く?」プレスリリ―ス

出典元「答えのない問題 どう解く?」プレスリリ―ス

著者の山崎博司さんには、編集時にこだわったことがある。

本に掲載されている13個の問いは、いのち、かぞく、ジェンダーなど今の社会テーマや子どもたちが興味のあるテーマでつくりました。

一見難しい問題でも、短い言葉と鮮やかな絵にすることで、子どもたちに興味を持ってもらえる紙面にしています。

前半ページに問い、後半ページに考えるためのヒントと分けたことで、問いをみて自分なり答えを考える時間を作るようにしました。

 

読むときは子供の意見を否定しないように

親子で読む際には、正解を求めないでほしいと話す。

まずは答えがでないこと、考えることを楽しんでもらいたいです。これは本のカタチをしていますが、親子のコミュニケーションツールだと思っています。

読むときに気をつけるポイントは、正解がないので子供の意見を否定しないようすること。そして、1問1問に時間を掛けたほうが子どもが深く考えてくれます。その際、親御さんは子どもと同じ目線に降りてきて考えてあげるのが大事かなと。

たとえば、身近な例えを出したり、お父さんはこう思うよと意見を出してみたり、問題をアレンジするのも全然ありで、子供が話しやすいと感じるようにしていただけると「うちの子、こんなこと考えていたんだ!」という意見が知れるかもしれません。

出典元「答えのない問題 どう解く?」プレスリリ―ス

出典元「答えのない問題 どう解く?」プレスリリ―ス

「考えてもしょうがない」と思考を止めがちな問題に向き合う1冊。童心に帰って読めば、自身の価値観や倫理観を見直すきっかけになるかもしれない。

【答えのない道徳の問題 どう解く?】
予定価格:本体1500円(税別)
著者:文・山崎博司/絵・木村洋、二澤平治仁
対象年齢:小学校中学年~

※山崎博司さんの「崎」は正しくは「大」の部分が「立」です。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング