シェア

「ギュッと握って飲むやつ」商品説明が個性的すぎる青森のスーパーが話題

握り方しだいでは大惨事になりがち 写真提供:ヤマヨ十和田店

握り方しだいでは大惨事になりがち 写真提供:ヤマヨ十和田店

「握り方しだいで大惨事になりがち」

「エナジードリンクが売れるのは嬉しくもあり切なくもある」

Twitter上で、こんな商品説明や派手なポップが並ぶスーパーが注目を集めています。

青森県十和田市の地元スーパー・ヤマヨ十和田店に取材しました。

ユニーク商品の解説→すべての商品に拡大

十和田市中心部にあるヤマヨ十和田店は、長く地域に親しまれてきたスーパーです。

このほどあるTwitterユーザーが、店内の写真を撮影して投稿すると、その独特の雰囲気からか一気に投稿が拡散。10万件近い「いいね!」を集めました。

始めはユニークな商品の販売を面白く紹介したいためでした。

ここ2~3年から、ユニークな表記がすべての商品に広まっていったと思います。(同店の担当者)

▼パック型ドリンクの商品説明は「ギュッと握って飲むやつ」

握り方しだいでは大惨事になりがち 写真提供:ヤマヨ十和田店

握り方しだいでは大惨事になりがち 写真提供:ヤマヨ十和田店

あまり深く考えていない?

個性的な表現の数々は、誰がどのように考えているのでしょうか。

当店の従業員です。それぞれ人が違います。遊びを取り入れて仕事をしています。

ですから、その表記に飽きたり別な物を売りたくなったりしますと、表記を変えます。

あまり深く考えていないとも言えます。

一部商品は売り切れておりますので、売れ行きにも影響していると思います。(同店の担当者)

従業員の方々がかなり自由に決めているそうですが、しっかり売上にもつながっているようです。

▼エナジードリンク売り場には「日本人、疲れてんだね」

エナジードリンク売り場のポップ 写真提供:ヤマヨ十和田店

エナジードリンク売り場のポップ 写真提供:ヤマヨ十和田店

▼青森県内のピンクのカレーには「もう青森が何を考えているのか分からない」

津軽の桃ピンクカレー 写真提供:ヤマヨ十和田店

津軽の桃ピンクカレー 写真提供:ヤマヨ十和田店

買い物を楽しめる空間を目指した結果

ユーモアがあふれる文章は、どのような思いを込めて作成しているのでしょうか。

特に商品のPRはしていないので、これが何なのか時々疑問に思うこともありますが、ディスプレイのような物だと思ってください。

買い物を楽しんでいただく店内を目指した結果、このような表記になっていきました。

働いている人間の素直な感想なんだなと笑っていただけると嬉しいです。(同店の担当者)

▼北海道の名産アイスの紹介は、まず町の位置から解説。

長沼はこの辺 写真提供:ヤマヨ十和田店

長沼町はこの辺 。写真提供:ヤマヨ十和田店

面白いポップで来店者を楽しませる同店は、公式Twitter(@yamayotowada)でも商品情報を発信しています。

ぜひ青森県を訪ねる際には、ヤマヨ十和田店をのぞいてみてはいかがでしょうか。

Posted: |Updated:

Text by 漆舘たくみ

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング