シェア

次の世代がお茶を継ぎたいと思えるように…カジュアルに日本茶を飲める「オチャバ」が六本木ヒルズで開催中

”うれしの茶寮「ochaba(おちゃば)」=東京・六本木ヒルズ(2018年11月15日撮影)

”うれしの茶寮「ochaba(おちゃば)」=東京・六本木ヒルズ(2018年11月15日撮影)

おしゃれなカフェで気軽に淹れたてのコーヒーを飲む風景が、すっかり日常生活に溶け込んだ平成の日本。

コーヒーもおいしいけれど、日本茶をおしゃれに飲んでもいいんじゃない?

東京・六本木ヒルズで、そんなコンセプトのイベント“うれしの茶寮「ochaba(おちゃば)」”が開かれている。

【関連記事】「スタバも良いけど、オチャバが欲しい」とコラムを書いたら本当にオチャバができちゃった!

“うれしの茶寮「ochaba(おちゃば)」=東京・六本木ヒルズ(2018年11月15日撮影)

“うれしの茶寮「ochaba(おちゃば)」=東京・六本木ヒルズ(2018年11月15日撮影)

淹れたての嬉野茶を味わおう

イベントは、佐賀県の情報発信による地域おこし事業「サガプライズ!」の一環。

佐賀県南西部の嬉野(うれしの)地域は、昼夜の温度差や日照量などが茶の栽培に適しており、嬉野茶は約500年の歴史を持つ伝統産業だ。

会場では、地元のお茶農家らでつくるプロジェクト・嬉野茶時のメンバーたちが、趣の異なる7種類の嬉野茶を来場者の目の前で淹れて、温かくもてなす。

嬉野茶をコーヒーのように持ち歩ける「歩茶(ほちゃ)」も道行く人に配っており、嬉野茶の特長であるまろやかでほのかな甘みを手軽に味わえる。

”うれしの茶寮「ochaba(おちゃば)」=東京・六本木ヒルズ(2018年11月15日撮影)

自慢の茶を振る舞う嬉野の茶師たち=東京・六本木ヒルズ(2018年11月15日撮影)

”うれしの茶寮「ochaba(おちゃば)」=東京・六本木ヒルズ(2018年11月15日撮影)

「歩茶」“うれしの茶寮「ochaba(おちゃば)」=東京・六本木ヒルズ(2018年11月15日撮影)

次の世代がお茶を継げるように

青ほうじ茶を点てた田中製茶工場の田中宏さんは、この道10年目。お湯で温めた茶器に手際良くほうじ茶を注ぎながら「意外とレモン系のケーキに合うんですよ」とお客さんに解説する。

「嬉野茶を広めていきたいですね。おいしいお茶をつくり続けることで、次の世代がお茶を継ぎたいと思える環境につなげていきたい」と意気込んだ。

嬉野茶を点てる田中さん=東京・六本木ヒルズ(2018年11月15日撮影)

同じく茶師で副島園の副島仁さんは、日本茶の需要が低迷していることを踏まえて「こういった形で若い人にもお茶の印象が変わるきっかけになれば」と期待する。「お茶は四季によって味が変わるので、ぜひその変化を楽しんでほしい」と魅力をアピールした。

7種類の嬉野茶=東京・六本木ヒルズ(2018年11月15日撮影)

気に入ったお茶の茶葉はその場で購入することもできる。イベントは11月17日(土)まで。

うれしの茶寮「ochaba(おちゃば)」
期間:2018年11月15日(木)~11月17日(土)の各日11:00~19:00
会場:六本木ヒルズ・大屋根プラザ(東京都港区六本木6-11-1)
料金:無料
※ティーセレモニーは混雑時は整理券を配布
※歩茶は数量限定、なくなり次第終了

Posted: |Updated:

Text by 漆舘卓海

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング