シェア

炎上・クソリプ・クソコメをお祓いしよう!SNS時代の罪や穢をスマホ送信で清める「SNS年越大祓」受付中、12月30日まで

出典元:一般社団法人神社崇敬会プレスリリース

出典元:一般社団法人神社崇敬会プレスリリース

新年を気持ちよく迎えようと、SNSの利用でストレスの原因となる「炎上・クソリプ・クソコメ」による穢(けが)れを祓い清めるサービスが始まった。12月30日18時まで。

クソリプ送信、ガンガンご利用くださいませ

人と神社をICTでつなぐ事業を行う一般社団法人神社崇敬会(東京都目黒区)が、2018年12月28日から、現代の罪や穢れとして「SNSの炎上・クソリプ・クソコメ」をスマホから神社に送信して祓ってもらうサービス「SNS年越大祓(おおはらえ)」の受け付けている。送られたデータは、神社でお祓いを受ける。

同会によると、「大祓」とは自らの心身の穢れ、災厄の原因となる罪や過ちを祓い清め、清らかな気持ちで生活にいそしむことが目的の神事。人の形に切った紙・人形(ひとがた)などで身体を撫でて身についた罪や穢れを人形に移し、神社で大祓詞を唱えたり、人形を海に流したり、お焚き上げしたりすることで祓う。

人形は、奈良時代から1200年以上、形を変えずに伝えられてきたという。

人形 出典元:一般社団法人神社崇敬会プレスリリース

人形 出典元:一般社団法人神社崇敬会プレスリリース

近年、この風習が薄らいできたことから、同会は2015年7月から若者向けに、スマートフォンから罪や穢を神社に送信して祓い清めるWEBサービスとして「スマホおおはらえ」を提供してきた。

出典元:一般社団法人神社崇敬会プレスリリース

出典元:一般社団法人神社崇敬会プレスリリース

崇敬会は、発表で「木から紙へ、紙からLEDディスプレイへ、罪や穢を遷して送るメディアは変われども、清らかな心で毎日を過ごすための美しい日本の心は変わることはありません。スクリーンショットなども添付できますので、ガンガンご利用くださいませ」と呼び掛けている。

Posted: |Updated:

Text by 漆舘たくみ

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング