シェア

JALの国際線予約の受付が30日も早くなる!4月1日から、搭乗日360日前に変更へ

羽田空港に駐機するJAL機(資料写真)=2017年2月撮影

羽田空港に駐機するJAL機(資料写真)=2017年2月撮影

日本航空(JAL)は2月12日、国際線の予約受付開始日を従来の搭乗日の330日前から360日前に変更すると発表した。

2019年4月1日午前10時(日本時間)から変更を適用する。

国際線予約を世界標準に合わせ

これまでJALの国際線予約は、搭乗日の330日前から受け付けていた。今回の変更で、約1年前から飛行機を手配できるようになる。

受付期間を早めた背景について、海外からのインバウンド需要が高まる中で「なるべく早く旅行の計画を確定させたい」という利用者のニーズや、360日先の航空券の予約・発券が世界標準となっている事情を踏まえたという。

2017年11月に行った基幹システムの刷新で実現できるようになったといい、さらなる利用者の利便性向上とサービス拡充を目指すとしている。

出典元:日本航空プレスリリース

変更のイメージ 出典元:日本航空プレスリリース

なお、ANAグループの国際線予約の受付開始は、旅程最終区間の搭乗日の355日前にあたる日の午前9時(日本時間)からとなっている。

Posted: |Updated:

Text by 漆舘たくみ

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング