シェア

関東唯一の職人が手描きする「こいのぼり」が復活!秀光人形工房、35年ぶりに製造再開

三代目金龍 提供:秀光人形工房

三代目金龍 提供:秀光人形工房

東京都江戸川区の秀光人形工房は3月28日、「江戸描き鯉のぼり」の販売を35年ぶりに再開した。

ナイロン製生地に型を使って染める方法が主流の現代で、関東唯一となった手描き職人・三代目金龍が綿布に手描きする技能を復活させた。

関東唯一の職人が手描き

秀光人形工房は、1971(昭和48)年創業。節句人形などの製造・販売や鯉のぼりの卸売りを行っており、東京都立川市、府中市、千葉県市川市に直営店を構える。

「江戸描き鯉のぼり」は初代・川尻金龍が制作していたが、量産しやすい型染めへと移行したことで製造を終了していた。

同社によると、同じく江戸描き鯉のぼりを製造していた2016年に埼玉県加須市のメーカーが廃業しており、関東地方で技術を持つのは秀光人形工房が唯一となったという。

提供:秀光人形工房

提供:秀光人形工房

重厚感ある色彩が特長

今回は基本となる吹き流し、黒鯉、赤鯉、青鯉の加え、緑鯉、紫鯉も制作。

下絵から筆を使うことで迫力を出し、染め上げでも一筆ずつ塗り重ねることで重厚感のある色彩を生み出している。

提供:秀光人形工房

提供:秀光人形工房

提供:秀光人形工房

提供:秀光人形工房

三代目金龍 提供:秀光人形工房

三代目金龍 提供:秀光人形工房

提供:秀光人形工房

提供:秀光人形工房

提供:秀光人形工房

提供:秀光人形工房

提供:秀光人形工房

提供:秀光人形工房

注文は3月16日から受け付けており、1.5~10メートルのサイズで受注生産を開始している。

男児の健やかな成長を願う鯉のぼり。新しい時代が始まる5月の空に、江戸の鯉がなびく。

【製品例】
■3mセット(限定5組)
吹き流し・鯉のぼり3匹:税込356,400円(税抜330,000円)
矢車・ロープセット:税込395,280円(税抜366,000円)

■5mセット(限定5組)
吹き流し・鯉のぼり3匹:税込734,400円(税抜680,000)

【問い合わせ】
秀光人形工房 立川本店
住所:東京都立川市砂川町2-41-8
電話:042-534-6300
公式サイト:https://www.hinakoubou.jp/

Posted: |Updated:

Text by 漆舘たくみ

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング