シェア

転職希望者側の有料の異色のキャリア相談サービス「そうだんドットミー」が始まる

イメージ写真/Adobe Stock

イメージ写真/Adobe Stock

自分が転職したい時、誰に相談するだろうか。

「偏りのない意見が欲しい」という人の要望に応えようと、新たなサービスが始まった。

有料相談でキャリアの棚卸しをサポート

転職支援サービスを運営するポジウィル株式会社(東京都渋谷区)は7月24日、オンライン相談サービス「そうだんドットミー」を正式に開始した。

このサービスは、求職者がスマートフォンやパソコンから匿名でキャリア相談ができる。相談時にもらえる情報は一般的な人材紹介会社とは異なり、具体的な求人情報ではなく、自己分析やキャリアの棚卸しのサポートが中心となる。

同僚に転職願望を知られたくない、友人や家族の意見は保守的になりやすいなど身近な人では利害が発生し、誰にもキャリアの相談ができないといった転職希望者の声を踏まえ、有料であっても客観的な第三者の意見には需要があると見込む。

アドバイザーには、転職エージェント出身者や国家資格キャリアコンサルタントなどの経験者を始め、多岐にわたる業種・職種を経験した人物がいるという。

出典元:ポジウィル株式会社プレスリリース

出典元:ポジウィル株式会社プレスリリース

プランは45分7,380円、60分9,800円、90分1,4800円の3つから選択可能。予約~決済までオンラインで完結する。

2018年9月から提供してきたベータ版では、延べ1,000人以上が有料で使った。利用者の6割が20代で、新卒で選んだキャリアに疑問を感じた人が多くを占めているそうだ。

転職を商品にしない

同社は、既存サービスでは求職者は無償で転職相談できるものの、転職活動の前段階のサポートを行うものがない現状に課題を感じていたという。

一般的な人材紹介会社は企業側から成功報酬を得ることから、本人のキャリア形成や意志よりも、経験やスキルによる機械的な組み合わせが少なくないとしたうえで、「人生を左右する転職というイベントが商品として売られてしまうのが実情」と指摘する。

同社は今後、職業選択の場面だけではなく、情報の非対称性が高い領域でサービスを展開し「人生の伴走者となれるような企業」を目指していくとしている。

Posted: |Updated:

Text by 漆舘たくみ

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング