シェア

【マンガ】年賀状、どうせ送るなら「人肌を感じるヒト手間」を  

kkng_eye1124

いやー、寒いですね。そろそろダウンを出そうかどうかと迷う今日この頃。CMでは嵐が「そうか!平成30年か!」と年賀状のCMを始め…は!年賀状!!今年もその季節がやってきた!!

年末の慌ただしい時期にプリントゴッコで年賀状を擦る父。その隣で、自分も年賀状をカキカキ…元旦、配達員さんのバイクの音が聞こえるとウキウキしながら郵便受けを覗いていたもんです。

年賀状、一応毎年送ってます。

しかしながら、いざ出すとなると無性に面倒くさく感じるのもまた然り。しかも住所知ってるのがいかんせん前の会社の人や、だいぶ前からの友達のみで逆に最近知り合った方の住所はサッパリ。そんな手間も暇もかかる年賀状。近年メールやLINEに負けじと、どんどん便利になっているのですが…

kkng_11_1_low kkng_11_2_low

特定の相手にむけたちゃんとしたメッセージであれば年賀メールからも体温を感じることがあるんですね。発見でした。

濃縮された業務感が漂う年賀状

逆に言えば手間削りまくって送られた肉筆ゼロの年賀状から体温の変わりに感じたのは『濃縮された業務感』、多分コレです。温かみどころか元旦から感情が無に…あ、別にディスってるわけじゃないですよ?

便利になったのは大変結構なのですが、まったく人の手が加わっていない年賀状ってのもどうだろうと。ていうか文面一緒ならFacebookで友達全方位に向けた年賀メッセージ投稿してもらった方が返す手間が省けて助かるんじゃないかと。

たかがヒト手間、されどヒト手間

なので、「どうせ年賀状送るならヒト手間を、でも面倒は嫌だよね。」ということで、簡単に人肌を感じる方法を考えてみました。

【住所をスタンプ印にする】…相手の住所は印刷でも、自分の住所をスタンプ(街のハンコ屋さんやネットで簡単に作れます)にすればちょっと人肌感じるような。

【図柄をプリントアウトではなく判子にしてみる】…ハンズやロフト、ネットでも買える戌年柄スタンプや謹賀新年スタンプ、これ押すだけでもお手軽に人肌感伝わります。

【なんやかんや肉筆】…ぶっちゃけこれが一番簡単かつ的確に体温を感じます。ちょっとだけでも入れる入れないでは全然違います。

年の初めのご挨拶

上の例が正解というわけでは有りません。年の初めのご挨拶。気持ちが伝わるなら年賀状でも年賀メールでもどんな方法でも有りだと思います。ちなみに、よく年賀状の挨拶に用いられる謹賀新年、賀正、迎春にはそれぞれ意味があります。使う相手を間違えると失礼になることも。

さて、そろそろ本気で年賀状の図案を考えなければ…今年は何枚出そうかな。

過去の連載はこちら

ulaken

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング