シェア

学校の図書室に「エッセイマンガ」が増えたら世の中変わる気がする。

kkng_eye0430

本日、4月30日は図書館記念日。図書館発展の基盤となった図書館法公布を記念した日ということらしいです。

図書館記念日ってことで、この際一つ提案してもいいですか?

学校の図書館にエッセイマンガもっと置いたらどうですかね?

僕今年35歳なんですが、僕が子供の頃小中学校の図書室に置いてあった漫画と言えば…「はだしのゲン」、「ブラックジャック」、あとは日本史の学研まんが。だいたいそんな感じでした。

はだしのゲンとブラックジャックの人気たるや凄まじかったですね。晴れの日は靴履いてボール遊びしてる外遊び大好きっ子グループが、雨の日なったらみんな図書室で「はだしのゲン」読んでましたからね。

そりゃ、そうですよね。

それしか漫画ないんだもの!

知識を得るなら漫画でも本でも構わない筈

TVか何かで聞いたんですが、人間ってわかりやすいものが大好きで逆にわかりづらいもの大嫌いな動物だそうです。実際、文字ビッシリの本より絵と吹き出しだらけの漫画の方が桁違いに売れてます。

というわけで、この先は文字じゃなく絵と吹き出しにしますね。

kkng_18_1low kkng_18_2lowkkng_18_3low

必ずこうなるとは思ってませんが、可能性はあるかも。

エッセイマンガは教科書が教えてくれないことをカバーしてくれる

エッセイマンガって何?って方は、本屋のエッセイマンガのコーナーに行ってみてください。育児以外にも、やまもとりえさんの「Aさんの場合」や、田中圭一先生の「うつヌケ」、人生を凝縮した名作エッセイ漫画がたくさんあります。そこには婚活、育児、仕事、闘病、などなど教科書が教えてくれない社会でのアレコレがギュッと詰まっています。

しかも分かりやすい。

例えば、無関心な男子でもワンオペ育児の大変さを早くから知っていたらハイパーイクメンパパへと成長してしまうんじゃないでしょうか。そんな変化が全国的に起こったら世の中ちょっといい方向に変わるはず。男性の育児参加が本当に当たり前になり、イクメンという言葉自体が完全になくなる日がやってくるんじゃないでしょうか。

将来に活かせるなら、本でも漫画でも読みやすければどちらでもいいと思うんです。全国の図書館&図書室の司書の先生方、いかがでしょう。とりあえずエッセイマンガ10冊くらい入れてみませんか?

Posted: |Updated:

Text by

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング