シェア

【選挙】「イイね!」や「リツイート」だけじゃ投票率は変わらない。

kkng_eye0721

選挙のイラストがバズっても投票率は動かない

ツイッターやってると、たまにTLに流れてきますね。選挙行こう的なイラストが。実際前回の参院選で、僕も「投票行こうよ」的なイラストがそこそこバズったりしました。割と反響があったので、自分としては、もしかしたら奇跡的に若年層の投票率が上がるかもしれないと思ってました。しかし、

奇跡は起こりませんでした。

ぜんっぜん。全っ然ダメでした。

ちなみにその時の投票率は、10代が46.78%、20代が35.6%、30代が44.24%。

kkng_35_前半_low1

低い!低すぎる!子育て世代ど真ん中なのに政治に関心が無さすぎる!

これじゃ、どんな政党が政権を取ったって若年層軽視の政策になってしまう。そりゃそうです。投票に行かない人にアピールしてもしょうがないもの!若者投票してくれないもの!それじゃ選挙に勝てないもの!

選挙_irorio_1b_low

選挙_irorio_2_low

無関心でも大差ないと思ってる人も多いでしょうが、投票に行かないと、政治に熱心な一部の層の票だけで日本の未来が左右されてしまいます。そして、それは無関心な人のお財布を直撃することもあります。

国民全員がツイッタラーなわけではない

じゃあ、あのツイートは届いていなかったのか。インプレッションの数字は300万を超えていたけど、あのイラスト付きツイートは届いていなかったのか。

届いていなかったんです。

考えてみれば当然です。国民全員がツイッターやっているわけじゃないし、実際まわりの同年代に「ツイッターやってる?」と聞いても「やってない。」「一応アカウントは持ってるけど、そんなに見ない。」くらいです。

総務省情報通信政策研究所が2016年に調べたデータによると、ツイッターの利用率は10代・20代で約6割、30代で約3割。

kkng_35_前半_low2

そりゃ、届かないよ!

ツイッターをやっていて政治に関心のある一部の層には届いたかもしれないけど、ツイッターやってない人には届かないよ!子育てど真ん中の同年代なんか利用率3割だもの!

それに仮に届いたとしても、イイねリツイートをポチッとやるのと、いざ各党や候補者の主張調べて、投票所入場券を持って投票所に行って投票するのとじゃ、お気軽さが雲泥の差だよ!

ていうか、届いていたとしても投票に行ったかどうか疑問だよ!

何なら、イイね!押してくれた人でも投票に行ってない可能性だってあるよ!

kkng_35_後半_low4

結局のところ「選挙に行くよね?」と直に促すしかない

こうなったらもう直球です。バズってるイラスト見て、投票率を上げようと思ったツイッタラーが、各々昼飯時とか休憩中とかLINEの世間話の中に

「日曜センキョだけど、もう期日前投票行った?」

と、選挙の話をぶっ込んで、投票を促すしかありません。

「えー?センキョー?興味ないし、うちらが一票入れたところで何も変わんないっしょ。」

という反応が帰ってきたら、そのタイミングでバズってるイラストをすかさず見せる。そして、危機感を煽る。これっきゃないんじゃないでしょうか。

kkng_35_後半_low1

ただ、どうやって投票するのかさえよくわからない人もいるでしょう。どの党に?誰に入れたら良いの?って人もいるでしょう。

そりゃ、そうです。無理もないです。

僕も20代前半はそんな感じでした。「選挙?いやいや、そもそもその選挙のある日曜日は休めるの?」その心配しかしてませんでした。選挙に行かなきゃと思うようになったのは、フリーランスになってそれまで会社の経理がやってくれてた住民税や所得税、年金もろもろを自分で納めなきゃならなくなってからです。通知が来る5月、6月は毎年だいぶブルーになります。確定申告、マジ深刻です。

10代の人はまだ税金とかピンと来ないかもしれませんが、バッチリ納めてますからね!消費税って税金を!

選挙マンガ_low

戦前は女性に選挙権はなかった

先述の通り、現代の20代、30代の半数以上は投票を放棄しています。しかし、どうですか?じゃあ、もうコレ要りませんよね?と言われたらどうですか?ちなみに女性が参政権を持ったのは戦後になってからです。

働いて、税金収めて、死ぬ思いで産んで育てた子供や夫を戦争に取られても参政権はありませんでした。当然、議員として立候補する権利もないから、議会で主張することもできませんでした。

選挙権があるということは必ずしも当たり前じゃないんです。

いよいよ、7月21日(日)は参院選!

というわけで、7月21日(日)は参院選!私たちのお財布の状況を決める人たちを選ぶ国家規模の大イベントです。

その日の都合が悪い人は期日前投票に行きましょう。投票区外にいる人は不在者投票をしましょう。

もちろん、自分で各党の政策を調べるのが一番ですが、誰に入れたらイイかわからないって場合は、最近は質問に答えて行けば自分の支持する政党がわかるボートマッチという便利なサービスもあります。最悪「この党には勝ってほしくない」って思ってる党以外の党に入れるだけでも良いです。

日本の未来がどうなるか、投票率がどう変わるかは、あなた次第です。

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング