シェア

フライト中の飛行機を雷が直撃→先頭部に開いた穴に気づかず目的地へ!

B. Boldenow

B. Boldenow

知らぬが仏…。自分が乗っている飛行機に大変なことが起こっているとも知らず目的地に着いた乗客たちは、着陸後、その飛行機の様子を見て震撼した。

So our plane got hit by lightning leaving Iceland yesterday. Glad to be home safe.

nathen maxwellさん(@thebunnygang)が投稿した写真 – 2015 4月 8 5:16午後 PDT



「昨日僕らの乗った飛行機がアイスランドを出てから雷に打たれた。無事に帰りつけてよかった」

B. Boldenow

先頭の真ん中に大きな穴があいているではないか。

雷が直撃も、「システムは正常」とそのまま飛行

これはアイスランドエアーのボーイング757。アイスランド・レイキャビークからデンバーに向けて離陸した後、雷が機体を直撃した。

乗客の一人によると「大きな音がしてガタンと揺れた」という。

不安がる乗客にパイロットが機内放送で、すべてのシステムは正常なので安心するようにと伝えたという。

専門家からは「引き返すべきだった」との意見

しかし実際は大きな穴が開いたまま大西洋上空を3740マイル飛んでデンバーに着陸した。

アイスランドエアーによると「操作性も警告システムにも異常はなかったためそのまま飛行を続けた」という。落雷はよくあることで、パイロットはマニュアルに従って行動したとのことだ。

しかし専門家からは「大事故になりかねない。機体の状態がわからないのだから引き返すべきだった」という意見が相次いでいる。

Posted: |Updated:

Text by 広元 晶

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング