シェア

筋ジストロフィーの友達を、3年間毎日背負って通学した少年の優しさが心にしみる

shutterstock

shutterstock

中国の18歳の少年が、同じクラスの友人を3年間毎日背負って通学したことが世界中で話題になっている。

学校で知り合い友人に

江蘇省の谢旭君(18)は、この3年間、クラスメートの张驰君(19)を毎日背負って通学している。

张驰君は骨格筋が衰えてしまう筋ジストロフィーを患っているため自由に歩くことができない。

张驰君と学校で出会った谢旭君は自ら友人を背負って通学することを希望した。

一日も欠かさず背負って寮から学校へ

2人は学校近くの寮に住んでいるが、谢旭君は毎朝、张驰君の部屋から张驰君を背負って寮の階段を降り、学校に行く。

さらに学校では一緒に食堂に行ったり校庭に出たり、1日に12度ほどは谢旭君が张驰君を背負って移動している。この3年間、1日も欠かさず2人で通学してきた。

他の生徒にも良い影響が

2人が通う学校の校長は「谢旭君は素晴らしい生徒だ。彼の行動が他の生徒にも影響を与えている。他の生徒たちも進んで张驰君を手伝うようになった」と話す。

米国国務省の資料によると中国には、体が不自由なため学校に通えない児童、生徒が24万3000人いるという。

そうした中、谢旭君のような友人が得られた张驰君は稀な存在だろう。

卒業後は2人別々の学校へ

2人は勉強熱心で成績もそろって優秀。学校でトップだという。

今年の卒業後には、谢旭君が南京の学校へ、张驰君は 中国の全国大学統一入試「高考」を受ける。

この3年間を共に過ごした2人は別の道を歩むことになる。

Posted: |Updated:

Text by 広元 晶

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング