シェア

世界“最大”のスーパーモデル、テス・ホリデイの生き方がカッコいい

tessholliday/Instagram

tessholliday/Instagram

162cm、113kgのモデル、テス・ホリデイは今年、ロンドンの大手モデル会社と契約し「世界最大のスーパーモデル」となった。

大手モデル会社に登録しているスーパーモデルの中では世界で最も体重があるという。

有名雑誌の表紙も飾る

その堂々とした姿とポジティブな生き方が多くの人の共感を呼び、これまでに「Vogue」や「People」といった名だたる雑誌の表紙も飾ってきた。

It’s not everyday your face is on one of your favorite magazines so I had to do this!! Only two more days to get your copy ❤️ Thanks for all your kind words and support this past week. Love y’all!

Posted by Tess Holliday on 2015年5月25日

「…あと2日で発売よ。温かい言葉とサポートありがとう。みんな愛してる 」

モデル活動の一方、ホリデイは「#effyourbeautystandards」を立ち上げるなどして「体形でファッションや生き方を制限される必要はない」というメッセージを発信している。

「周囲のルールはぶっ飛ばす」

「私はプラスサイズのモデルであり、『ボディ・ポジティブ・アクティビスト』なの」と彼女は言う。

「メディアや社会で私たちが何を言われているのか、プラス面もマイナス面も伝えている。プラスサイズの女性が着るものを決めつける周囲の『ルール』なんてぶっ飛ばすつもり」

辛い幼少期をバネにポジティブに生きる

ホリデイは幼少期、父親の家庭内暴力にあい、逃げた先ではその体形と、貧しい暮らしのため学校でいじめにあったという。

「辛い時って、その状況を打ち破る方法を見つけるか、自分を壊してしまうかどちらかよね。自分を壊して殻に閉じこもってしまった人もたくさん見てきた。私はそうはなりたくなかったの」とホリデイは振り返る。

息子の存在で奮起

少女時代からモデルになりたかったが、「背が低すぎる」「太りすぎ」という理由で、プラスサイズのモデルにもなることはできなかったという。

15歳の時、初めてモデルに応募した時の写真も公開している。

tessholliday/Instagram

20歳の時、息子を産んだ。アルバイトをしながら子供を育てたが「息子の存在が、自分の夢をかなえるために戦おうという気持ちを後押ししてくれた」のだそうだ。

ネットを中心に絶大な人気

そして今「世界最大のスーパーモデル」となったホリデイ。今や、インスタグラムのフォロワーが86万を超える超人気モデルだ。

さらに彼女の活動に賛同、支援した男性と婚約もした。

tessholliday/Instagram

アクティブで、時に挑発的な表情で写真におさまる彼女は、静かに無表情でキャットウォークを歩くモデルとは一線を画している。

tessholliday/Instagram

現在、特に欧米では「痩せすぎのモデル」に対する批判が高まっていて、ホリデイのようなプラスサイズ・モデルの需要は盛り上がりを見せているという。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking