シェア

上り坂もスイスイ!新開発、四輪駆動の「電動スケボー」がスゴイ

ACTON

ACTON

便利でオシャレ、環境にも優しい移動手段として人気が高まっているスケートボード。

特に、蹴らずに進める電動スケートボードの需要は高まっている。

Indiegogoで資金募る

日々進化しているこの市場でついに、4つのタイヤすべてが電動で動く四輪駆動の電動スケボーが登場した。

電動のローラースケートやスケボーのメーカー、ACTONが新開発し、Indiegogoで投資を募っている「BLINK QU4TRO」だ。

ACTON

ACTON

ACTONによると「世界で初めて四輪に電動ハブモーターを搭載したスポーツカーのようなスケボー」だという。

坂道も加速もパワフル

最新のモーターによりパワフルでスムーズな走行感を実現。

四駆なので加速性に優れ、坂道もスイスイ走る。

1回(3時間)の充電で22マイル(約35km)走ることができ、最高時速は時速37kmになるという。

安全でスタイリッシュ

フロントとサイドのライトで、夜も安全でスタイリッシュ。

ACTON

ACTON

優れたデザイン、軽量性、安全性を兼ね備えたボディはアルミニウムとカーボンファイバー製。

電気自動車やハイブリッド車にも搭載されているRegenerative Braking(エネルギー回収ブレーキ)を採用し、コントロール性にも優れているようだ。

目標額の倍以上を収集

Indiegogoでは期限まで1か月を残し、すでに目標額5万ドルの倍以上の資金を集めている。

予定価格は1699ドルだが、35%オフなどの早期割引もある。

2017年3月に発想を開始する予定で、海外発送も可能だそうだ。

    Posted: |Updated:

    Text by

      前の記事を見る

      次の記事を見る

      注目の記事

      Ranking