シェア

まさに天使の歌声!自閉症の少女が歌う「ハレルヤ」がジンとくる

Nichola Martin / Facebook

Nichola Martin / Facebook

Facebookに投稿された10歳の少女の歌声が世界中で話題になっています。

L・コーエンの名曲「ハレルヤ」

北アイルランドの特別支援学校Killard House Schoolがクリスマスコンサートで披露したこの合唱。

レナード・コーエンの名曲『Hallelujah(ハレルヤ)』です。

リードシンガーを務めているのはケイリー・ロジャースちゃんです。

彼女には自閉症とADHDの症状があり、読み書きや算数の勉強に遅れが出てしまうといいます。

「歌うのが大好き」

同校の教師によると、ケイリーちゃんは普段はとてもおとなしいのだそう。

しかし、歌を歌いだすと素晴らしい才能を発揮。

その才能をいち早く見抜いた音楽の教師が、ケイリーちゃんの声を磨き、自信をつけさせるために歌を歌うよう勧めたそうです。

ITVによるとケイリーちゃん自身は「とにかく歌うのが大好き」なのだそう。

3歳のころから歌うのが好きだったケイリーちゃんですが、本格的に歌うようになったのはKillard House Schoolに通うようになってから。

歌うことで、ケイリーちゃんは自信をつけているといいます。

再生回数285万回

地元の教会のコンサートで何度か歌ってきましたが、今年は体調を崩して声が出なくなり、コンサートで歌えなくなりました。

そこで学校の校長が、その前の週に学校のコンサートで録画した動画を教会で流したところ、涙を流す人多数…。

Nichola Martin / Facebook

Nichola Martin / Facebook

この動画は、ケイリーちゃんと同じ学校に息子が通う親が、この歌声に感動して投稿したものです。

再生回数は285万回、シェアは1万3,000を超えています。

世界各国から「美しい」「天使の歌声」と称賛の声が寄せられ、学校には日本やオーストラリアからも感激の電話がかかっているそうです。

Posted: |Updated:

Text by

    前の記事を見る

    次の記事を見る

    注目の記事

    Ranking