シェア

自撮りを空撮で!ドローン搭載のスマホケースがスゴイ

SELFLY

SELFLY

着々と進化を遂げるドローン技術は、多方面で活用されている。

「空飛ぶ自撮りカメラ」もその一つ。

ドローンを飛ばして写真を空撮するものだが、このドローンとスマートフォンケースが一体化したガジェットが開発された。

スマホケースの裏にドローン搭載

現在KICKSTARTERで投資を募っている「SELFLY(セルフライ)」だ。

SELFLYさん(@selfly.camera)が投稿した動画

見た目はがっちりしたスマホケースだが、裏にはドローンが搭載されている。

高性能スタビライザーで安定撮影

ドローンを取り外し、そのまま飛ばして画像や動画の撮影ができる。

専用のスマホアプリでシャッターや位置をコントロール。

カメラは800万画素。1080p/30fpsの動画撮影が可能で、顔や笑顔などの解析装置もついている。

高性能のスタビライザーで安定感も抜群だという。

厚さはわずか9mmでポケットにも収まる。

今のところ1回の充電で稼働時間は5分とのこと。

4-6インチのスマートフォンならほぼどの機種でもOK。

iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、Galaxy S6 Edge、Galaxy S6、Galaxy 7、Galaxy 7 Edge、Nexus 6に対応していて、ソフトはアンドロイド、iOSの互換性があるという。

クラウドファンディングで目標額達成

すでに目標額は達成。今年6月の出荷を目指している。

価格は現在早期割引で89ドル(約1万円)。割引終了後の予定価格は139ドル(約1万5,800円)となっている。

また、同様のスマホケース一体型ドローン「AirSelfie」が少し前にKICKSTARTERで資金を集め終わり、プレオーダーを受け付けているが、こちらは260ドル(約2万9,500円)と少し高めのようだ。

    Posted: |Updated:

    Text by

      前の記事を見る

      次の記事を見る

      注目の記事

      Ranking