シェア

燃料はあの油!「ツナ缶ランプ」で作るヘルシー・ツナ丼が秀逸

guepardoaventura / Instagram

guepardoaventura / Instagram

そのままでも料理の素材としても便利でおいしいツナ缶。常備しているという人も多いのではないでしょうか。

ただ、缶の中の油を切らなければならず、もったいないなあ、または環境的にどうなんだろうと感じることはありませんか?

この問題を解消してくれるアウトドアクッキングをご紹介します。

簡単便利なアウトドア料理

ブラジルのアウトドア用品メーカー「GUEPARDO」がインターネットで発信しているアウトドアの知恵の中のひとつです。

材料はツナ缶と米だけ。

ツナ缶を開け、その上にペーパーを適当な大きさにしてセット。

guepardoaventura / Instagram

guepardoaventura / Instagram

缶の中の油がしみ込んだペーパーに火をつけます。

guepardoaventura / Instagram

guepardoaventura / Instagram

あとは普通のバーナーと同様、その火で炊飯。

guepardoaventura / Instagram

guepardoaventura / Instagram

炊き上がったご飯に、缶の中のツナをかけていただきます!

guepardoaventura / Instagram

guepardoaventura / Instagram

味付けはお好みで…。

油も抜けてヘルシーなツナ丼、アウトドアのお楽しみにいかがでしょうか。

災害時用に警視庁も推奨

また、この「ツナ缶ランプ」は災害時用にも便利。

警視庁警備部災害対策課でも紹介されています。

こちらはツナ缶の上部に穴をあけ、こよりをつけてランプに。

2時間ほどもつそうです。

作り方はこちら。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking