シェア

病気で目が開かなかった迷いネコ…愛情と介護の末に見せた瞳が驚き!

CARMEN MORALES WEINBERG / Facebook

CARMEN MORALES WEINBERG / Facebook

動物の保護や受け入れには様々なストーリーがありますが、中でも珍しいケースが話題になっています。

何日も食べてない上に目が…

アメリカ・フロリダ州ロイヤルパームビーチで見つかった1匹の猫。

のちにコットンと名付けられたこの猫は、どこからともなくある家の庭にやってきたといいます。

その家の飼い猫のために出していた餌を無心に食べる汚れきったを見て、この家の主、ジョーさんは心を打たれました。

「猫は何日も食べていないようだった」とジョーさん。さらに驚いたのは、猫が目が開かないようだったことだったそう。

動物保護活動家が獣医へ

ジョーさんがコットンについてFacebookに投稿すると、動物の保護活動をしているCarmen Weinbergさんからコンタクトが。

同じような症状の猫を扱ったことがあったというWeinbergさんは、コットンを獣医に連れていきました。

診断では、コットンは疥癬(かいせん)にかかっており、そのせいで目が開かないのではないかとのこと。

CARMEN MORALES WEINBERG /Facebook

CARMEN MORALES WEINBERG /Facebook

抗生物質などを処方され、Weinbergさんはコットンを家に連れ帰りました。

愛情と献身的な療養で開いた目

Weinbergさんによると「コットンはやせ細っていたけれど、よく食べるいい子だった。私たちが助けようとしているのがわかっていたみたいだし、触られると喜んでいたわ」とのこと。

数日すると耳の外皮がとれるなど、コットンは回復していきました。

そしてある日、見開いたその瞳を見てWeinbergさんの家は喜びと驚きに包まれました。

コットンの目は美しい青と黄色だったのです。

Community Cats of Delray Beach / Facebook

Community Cats of Delray Beach / Facebook

今ではこんなに美しい姿に。

CARMEN MORALES WEINBERG / Facebook

CARMEN MORALES WEINBERG / Facebook

CARMEN MORALES WEINBERG /Facebook

CARMEN MORALES WEINBERG /Facebook

現在は新しい受け入れ先を探しているところだそうです。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking