シェア

病気で友だちができない娘のため、母がFacebookで協力を呼びかけ→400人がお祝いに!

Facebook_Keighla's Fresh Face Photography

Facebook_Keighla's Fresh Face Photography

アメリカはミソネタ州のシャコピー市に住む女の子、Mackenzie Moretterちゃんは生まれつき病気を患っている。ソトス症候群、別名脳性巨人症とも呼ばれ、遺伝子の異常から骨の成長が早くなり、脳に障害をもたらす病だ。

この病気のため、Mackenzieちゃんは学校で友達を作ることも難しかった。今月11日は彼女の10歳の誕生日。だがパーティーに招待した級友からは1人も参加の申し出がない。

Facebookでパーティー参加者を急募

ショックを受けたお母さんはFacebookに胸の内を投稿し、パーティーへの招待客を募集。すると、投稿を読んだ何百もの人たちがアメリカ中からケーキやプレゼントを手にお祝いに駆けつけたのだ。

自宅の庭でハッピーバースデー!

Facebook_Keighla's Fresh Face Photography

Facebookでママのメッセージを読んで、お祝いに来たよ!

Facebook_Keighla's Fresh Face Photography

Facebook_Keighla's Fresh Face Photography

プレゼントもたくさん!

Facebook_Keighla's Fresh Face Photography

Facebook_Keighla's Fresh Face Photography

雪の女王もお祝いに参上。

Facebook_Keighla's Fresh Face Photography

Facebook_Keighla's Fresh Face Photography

テレビ局の取材も。リポーターも興奮した様子。

Facebook_Keighla's Fresh Face Photography

パーティーを企画したお母さんも感無量だ。

Facebook_Keighla's Fresh Face Photography

結局、参加者は大人と子ども合わせ、400人ほどにもなったという。

4月18日はMackenzieちゃんの日に

Mackenzieちゃんは、「皆が来てくれてほんとに嬉しい。学校で友達を作るのは難しいですから」と感謝の念を伝える。そして「よその世界に、見知らぬ子のためにこんなにしてくれる人たちがいるなんて、本当に驚きです」とお母さん。

さらにMackenzieちゃんが住むシャコピー市は、4月18日を「Mackenzie Moretterの日」と定めたのことである。

Facebook_Keighla's Fresh Face Photography

Posted: |Updated:

Text by 宮城保之

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング