シェア

ニュージーランドのマックでゴキブリが混入。女性が“半身”を誤食

Flickr_Gabriel Li

Flickr_Gabriel Li

イギリスでパンの包装に生きたネズミが入り込んでいた事件を先日伝えたばかりだが、ニュージーランドではビッグマックにゴキブリが混入していたと騒ぎが起きている。

ゴキブリの半身が見つかる

ニュージーランドに住むAnnah Sophia Stevensonさんは18日の夜、ブレナム市のマクドナルドでビッグマックメニューを購入、家に戻って早速ぱくついた。

その時彼女はかじりかけのハンバーガーに混じった「異物」の存在に気付いた。確かめたところ、何とそれは食いちぎられたゴキブリの半身。

Facebook_Annah Sophia Stevenson

残りの半身は、恐らく彼女が食べてしまったと思われる。本人は異物の感触に気付いてはいたが、てっきり軟骨部の肉だろうと思い、そのまま咀嚼してしまったのだそうだ。

店外混入の可能性を主張

Stevensonさんは写真をFacebookにアップし、このことで「気分が悪くなり、ショックを受け、嫌悪の念を抱いた」とコメント。「ゴキブリを見つけた以上に、半身しか見つからなかったことが最悪」と憤懣をぶちまけた。

Facebook_Annah Sophia Stevenson

事件を知ったマクドナルド同支店は問題のバーガーと異物を回収。第三者による検査に委ねるとのことである。だがStevensonさんは不信の念からかハンバーガーの返却を要求しているという。

当地衛生局は20日、同支店の調理場を点検したが、害虫の存在は確認しなかったそうだ。マクドナルドは、Stevensonさんが問題のセットをドライブスルーで購入し、車で運び、家で食したことを見過ごすべきでない、と表明。店外で混入した可能性を主張したい様子である。

Posted: |Updated:

Text by 宮城保之

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング