シェア

SF映画の世界が現実に! 脳にハッキングして重要データを引き出すことがついに可能に

Mail Online

Mail Online

誰かがあなたの頭脳に侵入して重要な情報を抜き出せるときいたらどう思うだろうか?映画での出来事のようだが最近コンピューターで似たようなことが出来るようになった。

米国、英国、スイスの大学からの研究者たちは、Emotiv社が299ドル(約2万4千円)で販売しているヘッドセットを使用。これは主にゲームをするときに使うそうで頭に装着するだけ。16個の電極がついているが髪の毛を剃ったりジェルを塗ったりする必要もない。これを使用すると脳とコンピューターのインターフェースを非侵襲的に行うことが出来る。

Mail Online

被験者にこれを装着してコンピューターの前に座ってもらい、銀行、人、自宅、PIN番号などの画像を見せると、脳から発するP300という信号を測定できた。

P300は事象関連電位(ERP)のひとつであり、その人にとって意味があるもの、たとえば定期的に会う人や知っている人、日常的な行動を認識したときに活発化する。

実験的にオバマ大統領の画像をみせてみたところ、被験者たちのP300値は著しく上昇した。また、それぞれの自宅の画像でも同様の結果を得た。

実験結果では60%の確率で家の場所を、40%の確率でPIN番号の最初の1桁の番号を知ることが出来たという。

これを悪用するととんでもないことになりはしないか?なんだか恐ろしい気もするが、P300は容疑者に対する尋問など、犯罪の現場での有効的な応用が期待されている、と研究者は語った。

Mail Online

Posted: |Updated:

Text by 花園維摩

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング