シェア

家庭向けチョコレート専用3Dプリンターが99ドルで限定発売

Yukiko Matsuoka

Yukiko Matsuoka

家庭向けチョコレート専用3Dプリンターが、世界で初めて発売される。

99ドルのチョコレート専用3Dプリンター誕生

 豪シドニーを拠点とする3DプリンターメーカーChocaByteは、2013年の創設以来、チョコレート素材に特化した3Dプリンターの開発に取り組んできた。

そしてこのほど、本格的な量産化に先立ち、チョコレート専用3Dプリンターを500台限定で販売することを発表した。

価格は、1台99ドル。

3Dプリンターで使用するチョコレート素材も、4本10ドルで購入できる。

10分以内でチョコレート細工を出力

この3Dプリンターは、専門的な知識・スキルのないユーザーでも簡単に使えるよう工夫されているのが特徴。

チョコレートカートリッジを温め、プリンターに差し込み、スタートボタンを押せば、10分以内で、縦横2インチ、高さ1インチ(縦横5センチ、高さ2.5センチ)のチョコレート細工をつくることができる。

また、出力するチョコレート細工のデザインは、ユーザー自身が設計するほか、ChocaByteのテンプレートを利用することも可能。

オンラインライブラリを順次、拡充していく方針だという。

チョコレートを3Dプリンターで出力する時代へ?

チョコレートにおける3Dプリンティング技術の活用としては、ザ・ハーシー・カンパニー(The Hershey Company)と3Dシステムズとの提携もスタートしている。

ChocaByteのような、廉価なチョコレート専用3Dプリンターの誕生によって、スイーツ分野での3Dプリンティングの活用の裾野がさらに広がるかもしれない。

 

Posted: |Updated:

Text by 松岡由希子

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング