シェア

メトロポリタン美術館、所蔵品40万点をパブリックドメインに

Flickr/Michael Gray

Flickr/Michael Gray

米ニューヨークのメトロポリタン美術館は、2014年5月16日、所蔵作品のデジタル画像の一部をパブリックドメインとして開放した。

所蔵作品40万点をパブリックドメインとして開放

今回、パブリックドメインの対象となったのは、17世紀を代表する画家レンブラント(Rembrandt van Rijn)の自画像米写真家ウォーカー・エバンス(Walker Evans)の作品など、およそ40万点。

これらはウェブサイトで公開されており、非営利目的であれば、無償かつ承諾なしで、ダウンロードし、利用することができる。

メトロポリタン美術館では、所蔵作品をパブリックドメインのもとで自由に開放することにより、学生・教育者・研究者・キュレーター・学術出版社らの学術的・文化的活動をサポートしたい考えだ。

今後も定期的に、パブリックドメインの対象を広げていく方針だという。

美術分野でのパブリックドメイン化が進む?

美術分野でのパブリックドメイン化の動きとしては、芸術機関として世界一の資産を保有するゲティ財団(J. Paul Getty Trust)の「ゲティ・オープンコンテンツ・プログラム(Getty Open Content Program)」も知られている。

ゲティ財団に加え、メトロポリタン美術館が所蔵作品のパブリックドメイン化に乗り出したことで、米国内外の他の美術館・博物館にも同様の動きが現れはじめるかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by 松岡由希子

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング