シェア

“いいね!が1000集まったら猫を飼ってもよい”→兄妹の書き込みで、あっという間に115,000ものいいね!が届く

Huff Post

Huff Post

猫好きネット民の後押しを受け、ある一家と猫が出逢いを果たした。

7歳になるレミ・ウルバーノ君は、猫が飼いたいと父ダン氏に懇願していた。無下に断れないダン氏は「もしもFacebookで“いいね!”が1000集まったら飼ってもいいぞ」と申し渡した。ここで母マリサさんが助け舟を出し、レミ君と1歳になる妹のイヴリンの写真を投稿したところ、数時間のうちに”いいね!”が集まり始め、1週間後には115,000に達したという。一家はメディアの取材を受け、この月曜日に”Good Morning America”で顛末が紹介された。

もちろん、賭けはレミ君の圧勝である。近くのシェルターから引き取ったネコには、Hairietta Pawturr(毛深い、前足などネコを想起させるネーミング)と命名したが、間にLのミドルネームも付け加えた。これはいいね!(Like)の略ということだ

この話には後日談がある。新たに家族に加わったHairiettaにぜひプレゼントを贈りたいという申し出が相次いだのだ。ウルバーノ家ではそれを断り、代わりに彼女の名前でギフォード猫シェルターに寄付をしてくださいと呼び掛けている。

The Huff ington Post

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking