シェア

1分間に世界で2億通のメールが飛び交い、Facebookの閲覧は600万件と判明

shutterstock

shutterstock

生活にタブレットやスマホが浸透し、我々のネット依存度は高まるばかりだが、チップメーカーの世界的なブランドであるIntelではそれをわかりやすい数字にして発表した。

現在、世界中で1分間にこれだけの活動がネット上で行われている。

・eメール→2.04億通

・アプリのダウンロード→47,000回

・アマゾンでのショッピング→796万円

・写真閲覧→2000万件

・フェイスブック閲覧→600万件

・YouTube閲覧→130万クリップ

実に640,000GBの情報がたった1分の間にネット上を行き交う。これは1人1人がネット上で行う作業がどれだけ増えているかを表す。試算では今後この数字は飛躍的な伸びを見せ、2015年までネットワーク接続される機器の数は世界人口の2倍となると予想している。ネット上に流れるビデオコンテンツは途方もない数となり、1秒間に絞ったところで、その間に流れる総数を見るためには約5年を必要とする程の量になると言われる。

Intelでは、これら情報量の増加に対処するための新たなネットワーク機器の開発に乗り出した。“クリスタルの森”のコードネームの元、処理能力を上げると同時に、増加する情報処理量に見合うセキュリティを増強していくと述べた。

Posted: |Updated:

Text by 下田裕香

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング