シェア

アメリカでLegoブロックの宅配レンタルサービス開始 

Flickr_torgugick

Flickr_torgugick

DVD宅配レンタルサービスの方式がおもちゃの世界に進出した。PleygoはDVDの代わりに、ブロックのLegoをレンタルするシステム。子どもたちは自分の能力に応じた数のLegoを好きなだけ楽しむことができる。遊び終わったLegoの完成品がいつまでも家に残ることがなくなり、プラスチック廃棄ゴミが減って地球にも優しい。

まずはメンバーに登録し、ウィッシュリストを作って遊びたいセットを列挙しておく。月15ドルでは最大400ピース、25ドルでは最大800ピースまでのセットといくつか設定があるが、1カ月に何セットまでという制限はない。作品が完成したら密封プラスチック袋に戻し、専用封筒に入れてポストに投函するだけ、郵送料はかからない。ほどなくして次のセットが送られてくる仕組みだ。その前に全てのLegoブロックは洗浄・消毒されて、衛生面にも配慮される。

狭い日本にこそ必要に思われるこのレンタルシステムだが、せっかく完成させたお城やロボットを壊さず、手元に置きたい子どももいることだろう。逆に次から次へと挑戦したい子どもには、これは使えるシステムのように映る。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking