シェア

会社に行きたくない…GW明けに陥りがちな「五月病」

5月病アイキャッチ

とうとう、ゴールデンウィークも終わってしまいました。

あっという間に終わってしまった…と嘆いている方も多い事でしょう。

このGW明けの時期は、会社に行きたくなくなったり、何だか憂鬱な気持ちになったりする人も多いことでしょう。

それに伴い、眠気が増したり食欲が減ったりして、体調が何だかすぐれない…という人もいるかもしれません。

連休明けの時期に表れるこれらの不調。いわゆる「五月病」というものです。

5月病

この五月病、異動や引っ越しなどで環境が変わった社会人も注意が必要ですが、一番かかりやすいのは、新入社員の方ではないでしょうか。

毎年、ネット上にも「ゴールデンウィーク明けから新入社員が来なくなった」というような投稿が上げられ、話題になりますよね。学生でもGW明けから授業に来なくなる人がいたり…

4月はやる気と気合で乗り切り、ゴールデンウィークに休んだことで緊張の糸が切れ、会社に戻りたくなくなってしまう…

社会人6年目の私でさえ連休明けは憂鬱なのに、新入社員が憂鬱な気分になるのは当然のことだと思います。

その中でも、
・真面目な性格
・愛想が良い
・何でも一度で覚えようとする
といった人ほど、連休明けに元気をなくしがちだと個人的には思っています。

そんな方は、「頑張りすぎない」ことが五月病克服に繋がると思います。

・手を抜けそうなところは手を抜いたらいいや。
・眠いときはトイレで5分間昼寝をしよう。
・分からないところは2回でも3回でも質問したらいいや。

こんな風に思うようにすると、少し楽になりませんか?

大学時代の友人や同期と話すだけでも気分が変わるので、仕事は最低限のことだけをやり、遊びの予定を積極的に入れるようにするのもお勧めです。

憂鬱な気分のときは遊びを主体にし、「遊ぶためのお金を稼ぐ」バイトのような感覚で、毎日会社に行ってもいいと思うのです。

こんなことを書いてしまうと、「そんなやる気のない新入社員はダメだろう!」と思われそうですが、会社や上司の立場からいっても、「頑張りすぎて早々に辞める社員」よりかは、「取り立ててやる気があるわけではないが継続して勤務し、着々と仕事を覚えてくれる新入社員」の方が重宝するので、急に辞められるよりも、適度に息抜きをしてもらった方が会社にとっても良いはずです。

そう考えたら、「五月は頑張りすぎず、とりあえず会社に行っておけばいいや」と思えてきませんか?

対処方法は人それぞれなので、的確なアドバイスをすることは出来ませんが、頑張りすぎずに五月病を乗り切って下さいね!

一方で、新入社員が五月病を悪化させないために、上司や先輩の立場の方にも、できることは沢山あると思います。

「元気のない新入社員を見かけたら積極的に声をかける」「新入社員の仕事量をセーブして早めに退社させる」など、新入社員にとって働きやすい環境を作っていくように意識してみてくださいね!

【関連記事】
女性トイレを利用した男性、「お腹が痛かった」ため無罪に

0d0d48444484debf46c197aa693169e8

「あの」ディズニーも例外じゃない!待遇改善しないと人が来ない近年のサービス業257af8827c9c1c7ed6f6868825942824

就活生に伝えたい「ブラック企業の見極めポイント」

a0b29b1d547cd13e833fc9356be22e45

70歳定年、75歳で年金支給開始!?心折れてしまった若者

77d0d6a051d6497df8380beb1c9e20b3

「SNS飯」は迷惑行為?ラーメン二郎新代田店が撮影禁止に!

47e15ea786a6fc26b744bff125e58771

Posted: |Updated:

Text by ゆずもと

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング